ベビーシッターは特に資格がなくても働くことができます。しかしもしまだ未経験でこれから働き始めたいと考えている場合、資格があるのとないのとでどちらが有利になるかと言うと、資格を持っているほうです。資格を持っているほうが信用度が上がります。ではベビーシッターの資格にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず公益社団法人全国保育サービス協会が主催する資格試験があります。この試験を受けて合格すると認定ベビーシッターの資格を得ることができます。なお受験資格は18歳以上で、なおかつこの協会が主催している新任研修と現任研修の両方の研修をすでに受講していること、さらに期間を問わず実務経験がないとこの資格試験を受けることができません。なおその他にもベビーシッターの資格が存在します。

それは一般財団法人日本能力開発推進協会の資格で、この協会が主催している試験に受験して合格するとベビーシッターの資格を得ることができます。なおこちらの試験の受験資格は、この協会主催の指定講座のカリキュラムを全て受講すると得ることができます。またこの資格試験は随時行っています。このため、すぐにでも働きたいので資格が欲しいという方はこちらの資格の取得を目指した方が比較的早く資格を得ることができます。

もちろん資格がなくても仕事を探すことはできますが、依頼する側としては他の人が資格を持っているのにどうして資格を持っていないのか理由を知りたがります。このため、特別な理由がない限りは資格を取得すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です