ベビーシッターとは、いわゆる子守のお仕事をする人のことを言います。名前の通り赤ちゃんを見ることもありますし、幼児、場合によっては小学生以上を見ることもあります。まったくの個人で仕事をしている人もいますし、派遣会社などに登録している人もいす。現在日本では、ベビーシッターになるための資格試験などはありません。

そのため、なろうと思えば誰でもすぐになることができる状況にあります。しかし、やる気はあっても経験がない人に大事な子供を預ける人はいないものです。もし個人としてベビーシッターになるのであれば、やはり保育士資格、幼稚園教諭資格、小学校教諭資格といった国家資格を持っていたほうが親御さんの信頼度は高いでしょう。そうでないなら、ベビーシッター会社などに就職するのがやはりよいでしょう。

シッター会社は多くの場合、未経験者にも手厚い講習を設けています。赤ん坊を見たことがない人でも、講習を受ければある程度の知識と経験が得られるようになっているものです。ですので、まったくの未経験かつ無資格の人はこうした制度を上手に利用してキャリアアップをしていきましょう。また、保育の経験はなくても自分の育児の経験や、子どものために離乳食や食事を作ってきたという経験はやはり活かせるものです。

なんの保育経験もないからとあきらめずに、自分がこれまで培ってきた育児経験を生かした仕事として、ベビーシッターをこころざしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です