ベビーシッターとして働く場合、資格は特に必要ありません。誰でもなることができる職業ですが、子どもを預かって保育をするため、信頼できる人物か証明することは大事です。そのため、ベビーシッターには民間資格が存在します。民間資格には、「公益社団法人全国保育サービス協会」が主催する認定ベビーシッターというものがあります。

この資格は専門知識や技術を有していることを認定してくれるため、取得することで就職が有利になる場合があります。この資格の取得方法は2種類あり、まず協会実施する2つの研修会を受講した後、認定試験を受験する方法があります。この場合は、18歳以上でかつ1年以上の実務経験が必要です。試験の合格率は90%程度となっており、そこまで難易度は高くない試験です。

試験は年に7回実施され、取得するには最短で4カ月程度の期間が必要となります。また認定ベビーシッター資格取得指定校として、協会が指定した保育士育成校を卒業することで資格を取得する方法もあります。この場合は、保育士の資格取得のため科目の他に、在宅保育に関する科目の単位取得が必要です。この資格の他に、看護師の資格やピアノ・英語教育などに関する知識があることで就職が有利に働く場合があります。

ベビーシッターの需要は近年高まりつつありますが、地方での就職先はあまり多くありません。就職を有利にするためには、育児経験の他にプラスアルファの特殊技能があることが大事なようです。藤沢の家事代行のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です