ベビーシッターになりたいと考えたとき、どのような資格が必要になり、どのように仕事を探していくか、まずは知る必要があります。ベビーシッターには、実は特別な資格は必要がありません。保育士や幼稚園教諭とは違い、特定の専門学校や大学などを卒業していなくても、ベビーシッターを名乗って仕事をすることが出来る職業です。とは言え、やりたいからといって簡単にできる仕事でもありません。

そのため、保育士の資格を取得したり、幼稚園教諭の免許を取得する他、ベビーシッターの民間資格である全国保育サービス協会の認定資格を保有していると、就職先を探すときに有利に働いたり、子どもの面倒をみて欲しい親からの信頼も集めやすくなります。また、子どもは急に体調が変化しやすいこともあります。そのようなときに備えて、看護士の国家資格を持つ人も優遇されることがあります。就職先としては、実情として正社員としての雇用はほとんどありません。

そのため大半が、アルバイトやパートタイマー、契約社員として働いています。多くの場合が、ベビーシッターを派遣する会社に応募をし、自分の希望する勤務条件を伝えて、スタッフ登録をします。その後、お客様から条件に見合う仕事の依頼が入れば、会社から紹介を受けて実際に依頼されたお客様のお宅に向かうという形で、仕事をすることになります。一方、民間の保育所や企業内託児所に就職をして、正社員や契約社員として働くということも、数は少ないのですがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です