一般社団法人「女性労働協会」が提供しているファミリーサポートというシステムがあります。これはどのようなシステムなのかと言いますと、地域ごとに育児や介護の援助を行いたい人と受けたい人がそれぞれ会員になり、マッチングをするというシステムです。運営はそれぞれの地域の市区町村が行っています。育児と介護があるのですが、特に育児の援助を受けたい人はこのシステムによりベビーシッターを派遣してもらうことが可能となっています。

では実際にベビーシッターにどのような仕事をしてもらえるのでしょうか。具体的には、子供の保育園の送り迎えをしてもらったり、子供が保育園に行く前や帰ってきた後も預かります。それ以外にも学校の放課後や学童保育が終わった後の時間帯に子供を預かります。さらに夏休みや冬休みなどの子供の長期間の休みの間もサポートします。

保護者の方が病気や急用などの緊急時にも対応することができます。冠婚葬祭の用事の際も子供を預かります。もちろん日常の買い物時にもベビーシッターの方が駆けつけてくれます。さらに嬉しいことに子供がたとえ病児や病後児であっても対応してもらうことができるのです。

そもそも地域に特化したサービスであるので、実際にベビーシッターに来てもらう場合は自宅から比較的近くの家庭で預かってもらえる場合が多いので安心です。予定よりも早く子供に会いにいけそうな時はすぐに賭けつけられるところで預かってもらえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です