大阪市のような大都市には多くの会社がありますが、団塊の世代が大量に退職したこともあり人材不足に悩んでいるところが沢山あります。そこで注目されているのが女性の登用で、多くの会社で積極的に女性を採用しています。そして結婚して妊娠、出産をしても育児休業などを活用して会社を辞めずにそのまま働いてもらう会社が増えています。一昔前までは女性が結婚して妊娠をしたら会社を辞めて専業主婦として働くと言ったケースが多かったのですが、今では子どもを産んでもそのまま働き続ける女性が沢山います。

これは会社側に労働基準法を遵守させることを強く義務付けている国の努力の賜物でもありますが、会社としても即戦力になる女性を辞めさせたくないと言う思惑もあります。また労働者側にとっても大阪で生活するには夫婦で働かないとやって行かれない場合が多いので、会社を辞めずに働けるのはとても有難いことです。しかし小さな子どもを家に1人にさせる分けには行かないので、仕事中は子どもを保育園に預ける必要があります。ただ保育士の数が不足しているために、保育園の方でも受け入れることの出来る子どもの数を増やすことがなかなか出来ない状態です。

大阪でも保育士不足に悩まされている保育園が沢山あり、そのために子どもを保育園に預けることが出来ずに仕事を辞めざるを得ない女性が沢山います。このことは会社にとっても国にとっても大きな損失なので、保育士不足を解消するためにはどうしたら良いかを真剣に考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です